スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

朋あり遠方より来る、亦楽しからずや。 

数週間前、琴奏者の友人(Kさん)から、
日本からヨーロッパにやって来てコンサートで演奏をするので
聴きに来てほしい、という知らせを受けました。

海外での晴れ舞台に声をかけてくれるとは、
とてもありがたいことです。

お誘いを受けたとあっては聴きに行かんとっ!
と、いう心意気で、聴きに行くことに決めました。



コンサート会場までは、片道500kmちょっとの道のりです。

4月も後半となり、温かく日も長い良い季節となったので、
ドライブすることに決めました。

幸い、天気は良く(何度か一瞬の雨がありましたが)、
道中にミニ観光を織り交ぜての楽しい移動時間となりました。

ただ、会場探しでちょっと迷ってしまいまして、
到着したのはコンサート開始の15分前でギリギリ。。。

既に会場には沢山の聴衆が集まっていました。
コンサート直前なのに待っててくれたKさんと挨拶を済ませ、
前から4列目の左側の座席に着きました。

オーケストラの会場としては珍しく、
大学の講堂といった感じの縦に細長いホールでした。



コンサートで演奏される曲は、
「洋」の古典派作曲家による2曲、「和」の現代作曲家による2曲で、
プログラムは二部構成となっており、Kさんの出番は後半の初めです。

開始時間は夜20時過ぎで、
日本からいらっしゃったオーケストラのみなさんは
時差ボケが相当きついであろう時間帯なのに
素晴らしい演奏を聴かせて下さいました。

特に、第一バイオリンの、とある男性の方が、
安らいだ笑顔で終始演奏されていることが印象的でした。

中間の休み時間中にセッティングされた琴に、地元の人は興味津津。
周りに群がって話をしていました。ヨーロッパでは珍しい楽器ですものね。



いよいよ後半。素敵な衣装でKさんが登場しました。
曲は、琴と弦楽合奏の為に作曲された曲です。
琴パートとしてはソロとなるKさんには、当然、視線が集まります。

Kさんの演奏場所は、指揮者とコンマスの間。
座椅子の高さ調整にちょっと苦戦したので、静かな微笑みの声が立ち、
和やかな空気の中で指揮棒が振られ演奏が開始されました。

琴の音色は、想像以上にオケとの相性が良く、
他の楽器と同時に鳴らしても違和感がありませんでした。

また、演奏された曲もとても良かったです。
琴の伝統的な奏法や和風な旋律に、弦楽器の音色を巧みに合わせ、
お互いの良い特徴を引き出すよう巧妙に作曲されていると感じました。

結果、なかなか聴く機会が得られ無い、
非常に印象深いコンサートとなりました。



コンサート終了後、Kさんには沢山の人から賞賛の声がかかっていました。
なかには日本語がとても上手な地元の人も居ました。
私はKさんに「とても良い演奏だった」と伝えました。

Kさんは、翌日早朝からの別のコンサートの地へ移動するため、
私は、Kさんが受け取った花を受け継ぎ、ホテルへの帰路に着きました。

夜の街の中、花を持って歩くのは、ちょっと恥ずかしかったです。

出張は、、、最悪 

2週間半ほど、出張に行ってきました。

先々週はアメリカカリフォルニア州、
先週は日本と、世界一周出張となりました。

世界一周と聞くと、聞こえは良いですが、
実際は、ただただ過酷な時差ボケとの戦いでした。

カリフォルニアではデジカメを無くすし、
日本に帰ってすぐにインフルエンザにかかるし、
ベルギーに戻る飛行機の離陸したすぐ後に地震は起こるし、
とりあえず、最悪な出張でした。

Golden Gate Bridge

サンフランシスコの名所、ゴールデンゲートブリッジですね。
昔、夕方よく見ていたフルハウスのオープニングを思い出します。
結構距離がありましたが、歩いて橋を往復しました。
天気が良く半島の風景がきれいでした。瀬戸内の多島美を思い出します。

で、日本に着いたら、40℃を超える発熱
Tamiflu

あのタミフルを飲む羽目になりました。
インフルエンザなんて十年以上ぶりです。

で、ベルギーに帰るや否や、地震のニュース。
諸外国各地の友人から心配のメールを頂き、ありがたく思っています。

今回は幸い、自分と家族には影響が無かったです。
津波の映像は、絶句させられます。



他山の家事に非ず

最近お気に入りの夜食 

袋ラーメン(醤油味)に、レトルトカレーを投入して、
カレーラーメンにして食べる。

仕事から遅く帰った時、
夜食で無性にカレーが食べたいけど
ご飯が炊けるのを待てない時に最適です。

次は、塩ラーメンでもチャレンジしてみようかな。

消えた1ドル 

ネット上にあった問題を紹介します。

トリックというか錯覚というか、
答えに気付くのに一分ほどかかってしまった。。。


・三人で食事に行きました。
・食事代は75ドルだったので、ひとり25ドルの割り勘にしました。
・レジで5ドルの割引があったので、2ドルをチップにし、残った3ドルを3人で分けました。
・つまり1人に1ドルが戻ってきたので、1人頭24ドル払ったことになります。

しかし、

$24×3=$72
      $2(チップ)
―――――――――
      $ 74

1ドルは、どこに行ったのでしょう?

名前ランキング2010 明治安田生命 

「名は体を表す」と言います。

明治安田生命による生命保険加入者を対象とした
生まれ年別名前ランキングが紹介されています。

名前ランキング2010 明治安田生命

2010年新生児につけられた名前の1位は、
男の子は大翔くん、女の子はさくらちゃんのようです。

変わった名前も紹介されていますね。
男の子の駆眞(カルマ)くんは、どうしても業が思いつくし、
女の子の琥々愛(ココア)ちゃんは、なんか甘くて温かそう…
(全国の駆眞くん、琥々愛ちゃん、ごめんなさい)

生まれ年別ベスト10では、
1912年(明治45年)からのベスト10が紹介されています。

結構、年代別に傾向が見えて面白いです。
みなさんが生まれた年はいかがでしょうか?

自分に子供ができて名前をつけるとしたら、相当に悩みそうですね。
日本語以外で発音しても、日本語の音に近い綴りの名前がいいかな。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。