スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ルービックキューブの全パターンを分析、最大20手と解明 

先月、ケント州立大学 Morley Davidson氏らのグループにより、
3x3x3ルービックキューブの全パターンを分析され、
全パターンに対する最適な解法の手数のうち、最大手数は20手と解明したそうです。
(=どんなに頑張っても20手未満で解けないパターンがある)

記事では、全組み合わせは43,252,003,274,489,856,000(約4000京)通りあり、
意味的に重複するものなどをまとめ、分析する必要のある55,882,296セットに分類し、
googleのマシンを使って虱潰しに分析したとのこと。

ちょうど、P≠NP問題の記事を書いたあとに知った出来事で、因果を感じます。
ルービックキューブの最大最適手数問題は、NP問題なのでしょうか。。。

高校のころに組み合わせを計算してみたことがあったけど、
自分が持っていた3x3x3ルービックキューブのセンターキューブのうち、
青にはルービック教授のシルエット、白にはルービックキューブのロゴが入っていたので、
約4000京通りに4^4をかけた約7垓通りにでしたね。

6面の色は合わせることができても、
センターキューブの向きは合わせることができませんでした。

何年か前に購入した
5,289,239,086,872,492,808,525,454,741,861,751,983,960,246,149,231,077,646,632,506,991,757,159,229,816,832,000,000,000,000,000
通りある6x6x6ルービックキューブは、日本の倉庫で眠っています。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://leaf64.blog48.fc2.com/tb.php/573-06574ba6

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。