スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ショパン発表会 スケルツォ2番 自評 

本日2010年3月1日は、
ショパンがまだ生きていたら200歳の誕生日です。

それを記念して、昨日、某所にて全演目ショパン(47曲 5時間)の
コンサートに参加しました。

色々な方から推され、自分が豚なら木に登る勢いで、
大曲スケルツォ2番(Scherzo No.2 Op.31)に挑みました。

思えば2007年7月に、とある人のコンサートを聴いたのをきっかけで
ダメ元で練習を始めてから2年半になるんですね。。。

約1年前に、コンサートへエントリーし、
できるだけがんばってみようと、10ヵ月前にピアノを習い始めました。

最初は高い月謝を払ってピアノを習いに行くかどうか迷っていましたが、
今にして思えば、良い判断だったと思います。


。。。以下、自評 。。。


で、色々あって、コンサート本番に至ったわけですが、
演奏自体は、練習の時の通り、あるいはそれ以上にできたところもありましたが、
それ以上に練習の時はしなかったミスを多発してしまったため、
正直納得はしていなく、悔しい気持ちです。

演奏中は、
ただただ落ち着いてテンポはいつも通りに保とうと考えてはいるものの、
次第に記憶が薄れ、特に後半は余り覚えてなく、
去り際にhinekurekoさんとハイタッチしたことは全く覚えてなく、
指には力が入らず、手足は震え、相当緊張していたんだなぁと、
自分の右後方斜め45度上2メートルくらいのところから
第3者として自分を冷静に見ているような感覚でした。

つまり、演奏中に、演奏することだけでなく、
第2者的に演奏を指示し、第3者的に演奏を聴くこととをしているような、
自分の本番の悪癖が露わになった感じです。


で、自分はどんな演奏をしたのか、帰宅後早速録音を聴いて確認しました。
聴いてみると、最悪を想定していた分、案外、悪くありませんでした。


悪いところは、、、

目標タイム12分を20秒ほど越えていたこと
音の長さやペダリングやテンポが、いちいちぶれていたこと
ミスタッチの量産


良いところは、、、

スタインウェイらしく、ダイナミックレンジがある演奏ができていること
オクターブ音が比較的精度良くなっていて、目指した音量比(高音:低音=7:3)を守れたこと
演奏が止まらなかったこと


まあ、これが今の自分ができる精一杯でしょう。
もともと、コンサートまでやることやって、
その時のできたなりの演奏ができたらOKという最低の目標はクリアしたかなと思います。



ま、楽しかったからいいや。次、がんばろ。



コンサートの準備をして下さった皆さん、精一杯演奏をした皆さん、
長い間演奏を聴いた皆さん、お疲れ様でした。


で、現在、師事中の先生に聴いてもらうかどうか悩んでいます。
コンサート前日のレッスンでは、会心の演奏ができただけに、
本番ではどうしてこうなった!?と言われるのが想像でき、ただただ無念です。。。

Comments

雰囲気

お疲れ様でした

先生の演奏評価を気にされてるようですが…
レッスン時の演奏と本番では絶対気持ちが違う伝わり方であると思いますよ

譜落ちしないがベストで無いのと一緒です 偉そうにすみません

先生の感想を受けられたら宜しいのでは(^_-)

雰囲気

どう演奏を評価されるかというよりも、
申し訳なかったなという気分があります。

でも、せっかく一年習っての成果ですので、
聴いてもらうことにします。

コメントありがとうございました。

No title

お疲れ様でした。

本番の自分の演奏を、省みて聴くのは、少し勇気要りますよね。大事なことですが…(笑)

ワタクシ事ですが、自分も今年の11月に大学仲間の集いで、スケルツォ2番を、お披露目する予定です。

自分の納得するまでに仕上げたい!と思ってますが、長い付き合いになる曲な気がします(笑)


No title

ああいう音域の広い曲は、本番の難しさが格別だと思います。
指の動きだけでなく、姿勢とか視界の作り方の訓練が必要かと。
ショパンの独特の広い音域の使い方には私、いまだに慣れません。なんともない人にはなんともないのだろうけど、私はいつもそのあたりでコケます。手がフレームアウトしてしまうんですよね。
そうすると、弾けるはずのところまで「あああ・・」となるという。
スケルツオは結構早い時期に弾く子どもも多いですけど、実は相当な難曲であることは知る人ぞ知るところ、先生も、本番が大変であることはご存知のはず。申し訳ないと思う必要はないんじゃないかなあ。

No title

お疲れ様でした。
心残りはおありかと思いますが音の幅が広くダイナミックだったと思います。相棒氏が「よく弾いていたと思う」としきりに言っておりました。
難しい曲ですよね。動きの幅も広いし指も回らないといけないのに回りにくい動きだし。私もスケルツォ2番は数年前にどこかで弾いて以来放置しています。せめて今回弾いた曲は維持できるように弾き続けようと思います。

コメントありがとうございます

>伊勢人さん

伊勢人さんもスケルツォ2番のお披露目予定があるんですね!
いいじゃないっすか!!

自分も、今回はお披露目第1回ということで、
今後も機会があれば2回、3回と、進化を楽しみたく思います。

自分の成長のベンチマーク曲として、
これからも長い付き合いをしていくでしょう


>ようこさん

視界をどうするかは大きな課題ですね。
右手も左手も見ることなんてできないから、見えない部分は体で覚えようと、
野球のバットの素振りの如く、「このフレーズを100本!」といった感じで、繰り返し練習をしたりしてました。

今回、落ち着いていれば間違えるはずが無いゆっくりなところでも間違えてしまい、
本番の大変さが身にしみました。

色々踏まえた結果として、キチンと成果報告をしてきます!

>のここさん

初めて生のスケルツォ2番を聴けたのはのここさんの演奏でした。
よく覚えてます。
相棒氏の言葉には救われました。。。
せっかく一度は発表できるまで練習した曲、
忘れるのは本当にもったいないので是非維持していって下さいね!

風邪大丈夫?

先日はお疲れさまでした。体調はいかがですか?
無理をせず おいしいものを食べてしっかり寝て 早く治してくださいね。

本番なんてうまくいかないのが普通です(私の場合)。
本番思うように弾けなくて悔しいのは それまで一生懸命取り組んできたからこそ。みんな言うじゃないですか、「家では弾けるのに」(笑)

でも この経験がないと本当の意味での成功に辿り着けないんじゃないかなぁ。(キムヨナも同じようなこと言ってましたね)
私はこれまでに 緊張のあまりどうやって弾いてどうやって舞台からおりたのか記憶がないほど失敗した(自分に負けた、ということです)経験、多数あります。これからもあるかも知れません。
涙も出ないほど悔しいですが それを何度も繰り返してきて ようやく少し光が見えてきたように思います。

しんどいですよね、誰も代わってくれないですしね(笑)。
大丈夫です、やめない限り次がありますから。

是非師事されてる先生に聴いてもらってください。次へのヒントがいただえるかもしれませんよ(*^^)v




No title

KOHEIくん、体調の方、いかがですか??

先日は本当にお疲れ様でした。疲れも出ますよね(苦笑)

残念ながら私は客席で聴けなかったのですが、楽屋のモニターで応援していました。画面で見るKOHEIくんのお姿は、限りなく本物のピアニストでした(^^)

最後が近付くにつれ祈りのポーズにも力が入りました。最後の音が華やかに決まった瞬間、楽屋で思わず大声を出してしまって注意されちゃいました(汗)決めてくれてありがとう!!

がしかし、この記事を読ませていただくとベストではなかったと?
そうですかぁ~~、また本番で弾かれるということにつながりますかね。今度は客席で一ファンとして聴きたいなぁ~。

ショパン企画にKOHEIくんのスケ2はエントリーされる前から入ってました。エントリーしてくれて本当にありがとう。

ありがとうございます

>まつやんさん

色々ありがとうございます

体調のほうは、熱は約1日で収まったのですが、
微妙なだるさとのど痛がなかなか完治せず、
週末になってだいぶ収まりました。

今回は、練習と本番のギャップが悪い方向へ生じました。
今まで出た発表会のなかで、西区民のパルティータに続く感じです。

ただ、本番はスタインウェイ様々で、色々と普段はできない表現を試すことができ、
練習よりも良かったところが幾つかあったので、その点は満足しています。

こういう表現でうまく伝わるかどうか分かりませんが、
演奏の出来を番組の視聴率に例えると、
平均視聴率は、普段の演奏は30%、今回の演奏は25%で、
瞬間視聴率が、普段の演奏は20~40%、今回の演奏は0%~50% みたいな感じです。
平均視聴率は、普段のほうがいいですが、
瞬間最大視聴率は、今回のほうがいいです。

まあ、これも一つの経験。次に活かしていきましょう。
コメントありがとうございました。


>Uコさん

本物のピアニストに見えましたか? うれしいですね。。。
ここ一年、演奏姿勢も直してきましたから、改善したのでしょうか。

最後の音は、直前1週間で成功率が低くなった上、
前日のレッスンでもズッこけて再起不能になったので、
本番では丁寧に確実に鳴らすことにしました。
本当に、決まって良かったです。

スケ2は、何年か寝かせておいて、また本番で弾きたいですね。
Uコさんも出演される発表会に一緒に参加できた時、
リベンジさせていただきますっ!

Uコさんのショパンコンサートの構想の実現に一役買えたとなると、
それだけで、エントリーして良かったなぁと思います。
良い成長の機会を作って下さり、ありがとうございました。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://leaf64.blog48.fc2.com/tb.php/493-dc3e8e57

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。