スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

12月14日 忠臣蔵の日 一方、その頃… 

○四十七士討ち入りの日,忠臣蔵の日

1702(元禄15)年、赤穂浪士47人が本所の吉良邸に討ち入りし、主君の仇討ちを成し遂げた。

1701(元禄14)年3月、江戸城松之廊下で播磨赤穂藩主・浅野内匠頭長矩が、幕府の礼式を司る高家筆頭の吉良上野介義央に小刀で切りかかるという事件が起った。浅野には即日切腹、領地没収という厳しい処置がとられたが、吉良には一切のお咎めがなく、これが事件の発端となった。

家臣たちは主君の仇を討つ為に綿密に計画を練り、翌年12月14日寅の上刻(現在の暦法では15日午前3時ごろとなるが、当時は日の出の時間に日附が変わっていたので14日となる)、大石内蔵助の率いる47人が、本所の堀部安兵衛宅に集まり、そこから吉良邸へ討ち入った。2時間の戦いの末、浪士側は一人の死者を出さずに吉良の首を取ることができた。

世論は武士の本懐を遂げた赤穂浪士たちに味方し、幕府は翌年2月4日、一同切腹という処置をとった。

この事件を題材として、歌舞伎『仮名手本忠臣蔵』等100種にも登る作品が作られ、現在まで語り継がれている。

○南極の日

1911(明治44)年のこの日、ノルウェーの探検家・アムンゼンと4人の隊員が人類で初めて南極点に到達した。





・・・・・・・・・・・・・・・・


・・・・・・・・


・・・・


・・





日本が鎖国をしてなかったら、
どうなったんだろうと想像しました。



ふしぎの海のナディアの影響か、
南極という場所には思い入れがあり、いつか行ってみたいですね。

Comments

赤穂浪士

KOHEIさん、はじめまして。ランキングから来ました。プロフィール画像がグールドだなんておっしゃれ~~(^_^)

赤穂浪士ですが、もう死ぬほど大好きです!仮名手本になるまえの事件のこととか、勉強したことがあります。(半分以上忘れてますが・・笑)

で、ご存知のように忠臣蔵は妻子や縁のあった人と泣く泣く別れてあだを討つ話なのですが、この事件の教訓は「つまらないことで一生を棒に振るようなことをしてはいけない」とか「家族を悲しませる行動を起こしてはいけない」という話だったのに、いつのまにか美談になったそうです(爆)

どっちにしても大石蔵之助がカッコイイからスキです☆

はじめまして

みかんぴあの さん はじめまして。
グールドの画像を褒めて頂いて、大変光栄です♪

自分が忠臣蔵のことを詳しく知ったのは高校の時の体育祭の演劇でした。
演劇では、松の廊下での刃傷事件の時の吉良上野介義央の家来役を演じました。
懐かしい思い出です。

実は、コメントにあるような教訓については初めて知りました。
確かに、話の内容からは一生を棒に振ったり家族を悲しませたりすることをするなとも受け取ることができますね。

忠臣蔵事件の本当の真実については知りませんが、
色々な解釈があることが好きですし、魅力かと思います。

個人的には、大石内蔵助の生き様からは、
人生での優先順位の付け方について色々考えさせられます。

No title

最新記事でないのに宣伝がてら(?)
書き込みしたくなったのでします。
やっぱり昔の日付の考え方でいくと14日なのですね。
その件の討ち入りの日は、私の誕生日です。
そして、私の旧姓というのが、ズバリ、内蔵助と同じ、あれ、であります。

昔から忠臣蔵ときくと、平常心でいられません。(アホ;

おめでとうございます

おお、14日が誕生日でしたか!おめでとうございます。
誕生日とクリスマスが近いから、なかなか忙しいですね。

大石内蔵助には、ファンが多いのでしょうか?
自分は、忠臣蔵を見ると、なんとなく高校時代のことを思い出しますね。

忠臣蔵には、色々な思い入れを持てる要素があるから人気があるのですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://leaf64.blog48.fc2.com/tb.php/485-fb17123f

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。