FC2ブログ

ええいああ 君から「もらい泣き」 

先週末実家に帰ったんですね。

目的は、いとこの結婚式でした。

で、
実家は四国で海外となりますので、
(海といっても瀬戸内海だけど)
船に乗って帰ったわけです。

戻ってくるときも船。

で、船まで足が無いので、
母親と妹に車で送ってもらったんです。

祖父母の家港から近いので、
今回は祖父母も加え、
4人に見送られて船に乗ったわけです。

まー、安いから、
今までに船は何度も利用してて、
(大人一人片道1600円)
同じような状況は何度も体験してて、
あんまり感慨深くなるようなこともありません。

さっさと席に着き、
読みかけの
「ご冗談でしょう ファインマンさん 下巻」
の続きを読み始めました。

しばらく読んでると、
声が聞こえてきました。

「コウヘイさんって人、いますかぁ?」

ふりかえ見ると、
同い年くらいの、
ピアスして髪の毛ツンツンなお兄ちゃんが
そう言ってます。

1回目は聞き違いかと思ったけど、
2回目以降誰も返事する気配は無い。

スチュワーデスさんの、
「この中に医者はいらっしゃいませんか?」
といった場面を想像しつつ、

「自分がそうですが・・・」

と、返事をしました。

訊くと、外から誰かが呼んでるそうです。

外(甲板)に出ると、呼んでる人がいました。
母妹アンド祖父母です。

何の用事でもないんです。

ただ、
出航がちょっと遅れたので、
甲板から見える位置(自分との距離は10mちょっと)
のところに立って、
手を振っているだけでした。

まー、うれしいことに、
こちらも手を振って応えました。


ふと、横を見ると、
さっきの兄ちゃんも横にいます。
で、その目線の先には、
何人か、身内か知り合いの人と思われる人たちがいました。
6人くらいかな?

で、そちらも自分の身内と負けずおとらじ
手を大きく振っています。

ふと見ると、その兄ちゃん、彼は、
「うれしいっすね」っていって、
なみだ目に自分に言いました。


思わず、もらい泣き。


そのまま、しばらく雑談しました。
話してみると、イイやつです。

どうやら、これから初めての一人暮らしになるようです。
やっぱ、いろいろとこみ上げてきたのでしょう。
自分も経験あるから分かります。


そういえば、
自分が船をたった同日から、
自分の妹も一人暮らしをはじめることになります。

ってことは、今日で3日目だね。

電話でもしてやろうかな。

Comments

なんとも、まるでドラマのワンシーンのようだね。

プラットホーム、エアポート、バス停などなど、
色んな場面があるけど、港の別れは情緒豊だね。

港の名場面といえば「伊豆の踊子」のラストシーンを
思い浮かべます!

そうそう、港で送り迎えしてくれるv-206v-238はどうなのかな?


>I口さん。

ええ、自分でもちょっとびっくりしたけど、
なんか、いい思い出になりました。

「伊豆の踊り子」ですか。
なんか、今までに6本も映画化されているみたいですね。
ドラマも5本あるし、アニメや舞台にもなってる。
もし知っていたら、何かお勧めありますか?

港で送り迎えしてくれるv-207v-238については、
随時募集中です。
もちろん、紹介も大歓迎です。

最近、その辺の優先順位は、トップクラスですなv-22

あ、絵を間違えた。

一点修正。

v-207 → v-206

なんか、送り迎えの場面であれじゃ、
ちょっち、恥ずかしいわなぁ(苦笑)

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://leaf64.blog48.fc2.com/tb.php/48-548d80b8