スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

565バイトのテトリス、681バイトのぷよぷよ 

最近のテレビゲームは、大容量化が進んでおり、
ファミコンの頃とは多分6~7桁位増えたんじゃないかと思います。

最近は携帯で昔のゲームをダウンロードして遊ぶことができ、
自分はよくテトリスをやっています。

また、ぷよぷよも好きで、たまにやります。
(あんましうまくありませんが)

このテトリスをわずか565バイト、
そして、ぷよぷよは681バイトのプログラムで動かすことができるそうです。

以下のサイトにソースと解説が載っています。

わずか565バイトテトリスのプログラミング解説

このサイトには、
テトリスのサンプルぷよぷよのサンプルへのリンクもあります。

テトリスはEnterキーと矢印キー、ぷよぷよはxキーと矢印キーで操作できます。

プログラミングは、詳しくありませんが、
このブログのトップページの容量にも満たないプログラムでよくできるものです。

ちょっとした魔法みたいで、感動ですね。

昔は今よりも単位容量当たりの満足度が、非常に高いですね。
(スーパーマリオブラザーズは、たったの40キロバイトだったらしいし…驚愕!?)

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://leaf64.blog48.fc2.com/tb.php/375-edeb2566

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。