スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

テルミン THEREMIN 

今日、

大人の科学vol.17 (Gakken)

の付録のテルミンminiで遊んでました。

組み立て時間は約15分、チューニングに5分ほど。

しばらく遊んでいると、
チューニングと音程のとりかたのコツがつかめました。

さらにアース(の代わりに豆電球(抵抗))を取り付けて、
3オクターブくらいの音が出せるようになりました。

完成図
thermin


難しいのは音が鳴り続ける点と周波数が連続である点。
音が止み、周波数が飛び飛びのピアノとは正反対です。

が、これをうまく使えば魅力にもなりそうです。

なんとなく最初に演奏してみたのが、
声を出し続けるイメージの「さだまさしの北の国から」だったりするw


学研のホームページにて模範演奏動画も見ることができます。

テルミンminiの模範演奏動画

発明者のテルミン博士の娘さんも演奏しています!

色々な演奏ができるんですね~
表現のバリエーションも豊富そうで、結構関心です。


楽器だけでなくテルミン博士自身は、


物理と音楽それぞれの大学で学んだり、

大学の研究員としてテルミンだけでなくテレビを開発したり、

3度の結婚を経験することになったり、

スターリンの粛清に巻き込まれて8年間シベリアに送られたり、

94歳で「レーニンとの約束だったから」政治家になったり、

「不老不死の研究を完成させた」とされていたのに97歳で亡くなったり、

その後、映画「テルミン」が後悔されたり…


なかなか… と波乱万丈な人生にも興味があります。。。

Comments

ほ~!

明日の余興に、いっちょ演奏をどうだい!

夜更かし中

ちょっと考えましたが、
3~40cmあるアンテナが邪魔かも

なんとか音程調整もかろうじてできる曲もあります。が、会場では自分の演奏に集中します。

完成度は半分くらいですが、
本番でその半分の80%を達成したとしても
4割くらいのできですから・・・

といいつつも夜更かし中。。。

明日は7時半起きだ~
四時間睡眠だ~
でもがんばります

ではおやすみ

テルミンで一曲どうぞw

音程の調整が難しいですね。

でも、なんとかなるかも!?

なんとかなった際は、是非。。。

大学のときテルミン、ピアノ、ヴァイオリン、キーボードの四重奏で坂本龍一の曲を演奏したことあありますよ。とてもいい演奏とはいえなかったけど、あの音にはハマりましたよ。いい思い出です。

お久しぶりです!学研のシンセサイザー買っちゃいました。これはぜひテルミンとつなげたいということから外部入力端子が付けられてるんですよ。そのうち電子ピアノの音も入れてみる予定です

お、それじゃあ一人でもアンサンブルができるようになるってことですね!

面白そうだなぁ
何か録音したら、ぜひ聴かせてくださいな

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://leaf64.blog48.fc2.com/tb.php/328-05f19089

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。