FC2ブログ

金星の表面の雷の絵 

久しぶりのサイエンティフィックな話題。

ひょんなことからNASAのホームページに行ってみたら
金星の地表のイメージが公開されていました。

金星の地表のイメージ

記事を読むと、
European Space Agencyとかいう機関の調査結果を元に作成した写真で、
11/29のネイチャーにも載っていたようです。

記事の最初にあるように、
金星表面は、高温高圧で硫酸の雲があって硫酸の雨が降って、
とても人が住める環境ではないってのが今までの自分のイメージでした。

この調査での重要は発見は、

「金星での雷を発見したこと」
「雷の発生原因が今まで確認されていた地球・木星・土星と違うこと」

らしいです。

大気中の水分子の摩擦による静電気が雷雲に帯電して、
それが地表に放電される現象ってのが、
自分が知ってる“地球の雷”です。

金星の雷の場合は、
何らかの原因で引き起こされた分子崩壊によって発生するらしいです。
水分子の雲と硫酸の雲では、雷の発生メカニズムとの関連性が違うとのこと。

今後は、太陽からの影響も含め、更なる調査をしていくそうです。

でも、このように絵にしてもらえたら、
色々と説得力があり、イメージがしやすいですね。

Comments

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://leaf64.blog48.fc2.com/tb.php/273-42d8db25