スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

とりあえず暗譜完了 スケルツォ2番 

7月から練習開始していたショパンスケルツォ2番ですが、
本日、とりあえず暗譜を完了させました。

丸一日あったので、かなり弾きました。
6時間以上は弾いてたかと…
おかげで残りの50小節ほどを一気に片付けられました。

スケルツォ2番の他、
来週のクリスマス会で弾く曲の練習や、
ドラクエ1~6の全曲を楽譜を見ながら弾きました。

あとは、最近聞いたお気に入りの曲や歌を
耳コピで適当に演奏してみたり…

暗譜するときは、
集中力のON/OFFを何度も切り替えて、
繰り返し「覚える」⇔「思い出す」作業をしていくと
思ったよりスムーズに進むものです。

効率は、ON時にどれだけ集中力を高められるかにかかっているかな。
だから気が散って駄目なときは、さっさと練習方法を変えますね
暗譜の進捗スピードもムラがでてくるわけです。

とりあえず、「今年中」という当初の目標は達成。
後は、体になじましていく作業です。

といっても、もともと自分の演奏技術を遥かに超えたレベルの曲ですから、
すぐ上達スピードもサチる(頭打ちになる)わけです。

とりあえず、今後の練習方法としては、

 ・来年の今頃も、今以上に弾ける状態でいる
 ・スケ2にも技術的応用が利く曲を一曲レパートリーにする
 ・人前での演奏をして、自分では気づけない変化を確認する

でしょうか。

自分の規格外の曲にチャレンジしたことで、
副次的に得られた効果が体感できたのが幸いです。

例えば、一番感じているのは、
オクターブ演奏がましになったことや右手45指が強化されたことかな。

今欲しいのは指の柔軟性と腕の移動性(モビリティー)でしょうか。
すばやくダイナミック、かつ、正確な手・指の移動が要求されますから、
今後の主要強化項目です。

大曲ですから、一生の付き合いになるかと思います。
これからもよろしゅう・・・


で、曲の最後には、孔明の罠…ではなく、
ショパンの罠が仕込まれてました。。。

20071202191841


左手、レ♭ラ♭ファと手首を動かしながら幅広く弾かなくちゃいけないんですが、
このとき、レを抑えていた右手の親指の第2間接下1cmほどのところに
左手の親指がゴスっと当たりましてねぇ…
ちと、痛い目見ました。。。(血はでませんでした)

ラストは要注意です・・・

Comments

みんな の プロフィールは、アクセスアップをお手伝いするサイトです。
http://blog.livedoor.jp/mipurofi/


より多くのひとに貴方のブログを見てもらえます。
  • [2007/12/04 00:53]
  • URL |
  • みんな の プロフィール
  • [ 編集 ]
  • TOP ▲

暗譜って、練習してたらいつのまにか覚えちゃう程度のものと思ってましたv-12
やっぱ、ちゃんとやらないとダメなのですね・・・うむむ

今は、暗譜ありき

いえいえ、、、そんなことはありません。
自分の場合は楽譜を読むのが苦手なので、
まずは暗譜ありきというわけなんです。

いつのまにか覚えるほど練習量も少ないですし、
できるだけ、早い段階で覚えてしまって、
あとは、自分の手を見ながら・自分の出した音に耳をすませながら
練習するのが自分のスタイルです。

楽譜がさくさく読めるようになったら、
練習法も変えていくかもしれませんね。

愛の挨拶

自分に会った練習法が一番ですよね☆
私は、片手ずつ練習するのが苦手で、いつも両手いっぺんに練習してしまいます。
片手ずつじゃやる気がおきんくて・・・。
で、両手で最後までぐちゃぐちゃでも弾いてみてから、右手の音と、左手の音を確認していきます。
今は、「愛の挨拶」の練習を始めました。これも浸れるからいいですね☆早く、スラスラと弾けるようになりたいです

久しぶりのブログ

お返事めちゃくちゃ遅くなってすみません。

自分にとっては、暗譜は片手ずつ、
練習は両手いっぺんのほうがいいかな
どうしても指が動かないところは、片手ずつのときもあります。

「愛の挨拶」もいい曲ですよね。
がんばって、いつか聞かせてください

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://leaf64.blog48.fc2.com/tb.php/272-3a6b52af

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。