スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

いや~んな家族 

今月頭に親戚の結婚式に行ってきました。
自分の家族も一同参加しました。

結婚式はチャペル式で、
自分も式中期間限定でクリスチャンとなりました。

式中、女性のソロで
アメージンググレイスを歌う場面がありました。
自分はこの歌が大好きです。

その後の披露宴でのうちの家族の会話。

テーブルについて
最初に口を開いたのは、妹でした。


妹Α:さっきのアメージンググレイス、変じゃなかった?

自分:うん。変だったね。

妹Α:音がもげてた(外れてた)よね。音が一番高い箇所が。

自分:うん。高いドの音のところよね。ちょっと低かった。

妹Α:あのところが気になって耳に残ってるわ・・・

母親:でも、声は良く出てたよ。
   他のところはちゃんと音もあってたし。

父親:まぁまぁ。歌で雰囲気でてたからいいんじゃないの。

妹Β:そんな細かいこと気にせんでいいじゃん

妹Α:でも、ねぇ。せっかくの場面があれじゃ、やっぱまずいっしょ?

自分:むしろ、歌い終わってからすぐに
   ウェディングドレスの後ろの位置を直してたじゃない?
   余韻も何もないじゃん、あれじゃ

妹Β:毎日やってるからじゃない?だんどり良すぎじゃねw

一同:確かに!


と、まぁ、こんな感じ。
揚げ足を取りまくったヤな家族ですw
油断するとすぐにつっこまれるので、要注意。。。

まぁ、つっこみつっこまれるのもコミュニケーションです。

Comments

こんばんは。コミュニケーションはつっこみつっこまれというのも大有りですよね。しかしここでは、話者同士のつっこみつっこまれではなくて、ある対象(ここでは歌の音程や結婚式の段取り)に対してのつっこみつっこまれなので厳密な意味でのつっこみつっこまれではないのではないかな、とつっこませていただきました。(やな奴)でもこのようなお話ができる家族って、率直で本音で言い合えていい家族だなと思いました。

ところで本題はここからです。パルティータ2番シンフォニアをレッスンでみてもらったのですが、盛り上がりの場所、間違えてとらえていました。61小節目だととらえていたのですが、そこは64小節目のテーマに行く前の伏線だそうです。ブログで61小節目だという書き込みをした覚えがあるのでお詫びしておきます。

つっこみ、どうもです。

何度もテーマが心地よく登場するパルティータは、
弾いててとても楽しいです。
が、パルティータの抑揚をイメージどおりにつけるのは難しいです。
これからも要練習ですね。

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://leaf64.blog48.fc2.com/tb.php/142-8b055dc9

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。