スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

冥王星 プルートと呼ばれた惑星 

すいきんちかもくど てんかいめい

が、

すいきんちかもくど てんかい…

と語呂が悪くなりそうです。


本日、国際天文学連合(本部・パリ)は、
冥王星を惑星とせず、
太陽系の惑星の数を、
9個から8個にする修正案をだしました。

まぁ、
そんなことはどうでもいいって人もいるかもしれませんが、
これはこれで自分にとっては大事件です。

興味ある人がいればこそ、この盛り上がり!

でも、なんでいまさらこんな議論を?
とも思えます。

実は、「惑星」の厳密な定義がなかったので、
定義しようというのがそもそもの狙いです。
で、以下が定められた定義。

●定義1
自己重力が剛体力を克服できるための充分な質量があり、したがって静力学的平衡形(ほぼ球形)をしている 。

●定義2
恒星の周りを巡る軌道にあって、かつ恒星でも衛星でもない

こんなことを
あーだ、こーだと偉い人たちが議論しています。

そもそも、惑星という言葉は、
コペルニクスの地動説を翻訳する際に初めて用いた造語です。
観察をしてみると、
他の星とは全くことなる妙な動きをすることから、
「惑わされる星」と訳したことから由来するらしいです。
当時は、なんでこんな動きをするのか?
って分からなかったんですね。

今回の「冥王星は惑星かどうか?」議論の白熱振り。
冥王星こそまさに、「惑わされる星」ですなw

Comments

こんばんは(最後の段落が大切)

冥王星の話、私もショックでしたよ。一番遠い惑星になったり二番目に遠い惑星になったりといろいろあったようけど、惑星から外れてしまうなんてね~。教科書会社も大変そうです。でも惑星の語源ってそういうことだったのですね。太陽の周りを回っているという感覚は「惑星」という言葉が作られたときにはなかったのかもしれませんね。ちなみに冥王星の語源は冥土を意味するらしいけど「迷王星」といってもよさそうな気がしてきました。

そうそう、FFのCD途中までですが聴いています。さわやかな上に新時代の感覚(?)を持った曲があって楽しいです。

あっ、ごめん、非常に大事なときにこんなに長いコメントになってしまいました。一番いいたいことはここからです。前置き長すぎ。

パルティータ2番シンフォニアへの一途な思いはみんなが見ています。私も同じ曲を弾いたけどこの曲に対する情熱やかける思いにいつも感心&圧倒されていました。この思いを忘れずにがんばってください!

こんばんは

コンサートお疲れ様でした。
素敵なモーツァルトでした。(詳細はまた別で)

冥王星は、変な軌道を回っていますが、
実は海王星の重力の影響を受けて、
軌道が変わった説があります。

質量を比べてみると、
冥王星より海王星のほうが圧倒的に大きいため、
冥王星は、海王星の軌道変化の影響を敏感に受けてしまいます。

海王星が、ちょっとずつ太陽から離れており、
そのせいで、
冥王星やその周辺の小さな天体の軌道がかき乱されたという説です。

冥王星の研究が進めば、
また、惑星に昇格する可能性はあるかもしれませんよ!

FFの曲はどうです?
せっかくだから、一曲くらい弾いてみてくださいよv-341
付き合ったことのない新しい雰囲気の曲ってのもいいです。
気に入ったものがなければ、
他のCDをお貸ししますよ~

Comment Post















管理者にだけ表示を許可する

Trackbacks

Trackback URL
http://leaf64.blog48.fc2.com/tb.php/123-0e0070a0

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。