スポンサーサイト 

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

小説 vs 映画 ノルウェイの森 

先日、アムステルダムの映画館で邦画“ノルウェイの森”を
上映していると聞いたので見てきました。

車で片道3時間、Filmtheater Cinecenter b.v.という映画館です。

蘭題は“Norwegian Wood”、日本語音声、蘭語字幕。
大人一名6ユーロと安いです。
100人ちょっと入りそうな小規模シアターでしたが、ほぼ満席。
遅れて入ったので、かなり煽り気味の最前列席に座ることに。
日本人かな?と思われる人が、ちらほらいました。

総じての感想は、優良可判定では“可”でした。

続きを読む

スポンサーサイト

束の間でも住みよくせねばならぬ 

山路(やまみち)を登りながら、こう考えた。


 ⇒ 自分も日課です。というより、癖(へき)です。


智に働けば角が立つ。

情に棹させば流される。

意地を通せば窮屈だ。

とかくに人の世は住みにくい。



 ⇒ 御尤も。特に1行目。


住みにくさが高じると、安い所へ引き越したくなる。

どこへ越しても住みにくいと悟った時、詩が生れて、画が出来る。



 ⇒ そういうものでしょうね。自然は、低きに流れるもの(エントロピー拡大)です。


人の世を作ったものは神でもなければ鬼でもない。

やはり向う三軒両隣りにちらちらするただの人である。

ただの人が作った人の世が住みにくいからとて、越す国はあるまい。

あれば人でなしの国へ行くばかりだ。

人でなしの国は人の世よりもなお住みにくかろう。



 ⇒ 自分も、所謂one of themです。逃げちゃだめだ。


越す事のならぬ世が住みにくければ、

住みにくい所をどれほどか、

寛容(くつろげ)て、

束の間の命を、

束の間でも住みよくせねばならぬ。



 ⇒ 生涯課題であるはずが、最近失念傾向にありました。
   この点に関しては薄志弱行である自分が厭であり、
   改めるよう肝に銘じることにします。


夏目漱石「草枕」 冒頭より

The Dandelion Girl たんぽぽ娘 

「おとといは兎を見たわ、昨日は鹿、今日はあなた」

3年以上振りに、無性に、
「たんぽぽ娘」を読み返したくなったのでネットで検索。

原文:
The Dandelion Girl
by Robert F. Young


昔、頑張って英語で読んだなぁと思っていたら、
日本語訳を載せているブログがありました。

みすぼらしいぶろぐより
たんぽぽ娘―“Dandelion girl”を読む作業(1)
たんぽぽ娘―“Dandelion girl”を読む作業(2)
たんぽぽ娘―“Dandelion girl”を読む作業(3)

やっぱり、印象に残るいい話です。

博士の愛した数式・砂の女・探偵ガリレオ 

早いもので2月もそろそろ終わりを迎える、
つまり、
冬が終わりつつあります。

といっても、今年の1・2月に限って言えば、
日本にいる割合は半分で、避寒することができましたので、
なんとなく感覚は鈍ります。

このままだと、せっかく履いたスタッドレスタイヤも、
その効果を発揮するチャンスを逃し、
ただただ溝が浅くなっただけとなりそうです。

で、久し振りに本の話題。

この冬に読んだ小説で、
3冊ほど感想を簡単にまとめてみました。


■「博士の愛した数式」 小川洋子著(新潮文庫)

いわゆる「積読」状態であったものを本棚から発掘して読んでみたら、
これがなかなか良く、もっと早く読めばよかったと思いました。

「記憶が80分しかもたない数学者と√という名の少年」
という登場人物に興味を持ち、
どんな絡みがあるのだろう?と思って買いました。

主な登場人物は、
数学者と家政婦とその息子、そして未亡人の4名です。

博士だけが記憶がリセットされるけど、
周りは変わっていく。。。

この4人の関係の変化を、
さりげない文章で絶妙に表現している点が絶妙です。

整数論にも興味がわきました。
家政婦のその後を知りたいと思いますが、
それは野暮でしょうか。。。


■「砂の女」 安部公房著(新潮文庫)

高校のとき、現国の教科書に載っていた「赤い繭」から派生して、
読んでみたくなった作品です、元々は。

それから10年以上経ち、
ピアニストグレン=グールドが精読していたことを知り、
更に、映画化されていることを知って、
無性に読んでみたくなり、買いました。

内容は、非常に興味深く、強く印象に残るものでした。

まぁ、なんと言っても
砂の穴底で生活する女の家に閉じ込められた男の話という
設定がシュールですね。

ある男が砂丘のある村に立ち寄り、
そこで穴の中に入って、閉じ込められる。

男は必死に脱出しようとするが、
女は必死にそれを阻止する。

さらにその様子を穴の外から眺める村の人たち。

紆余曲折あって、
男の目的は、
穴底から脱出することからその手段を探すことに変わっていく。
女の目的は、
男の脱出を阻止しようとするために男の気を引くことから
男の支えになることに変わっていく。

こういう一見奇抜ながらも
あるものを象徴するものとして見れば、
非常に含蓄がり、かつ、実にシンプルなモデルと思います。

自分も男ですので、
「主人公の男の砂の研究」的なものは、
自分にとってはなんだろうと考えさせられました。


■「探偵ガリレオ」 東野圭吾(文集文庫)

ドラマでの話題になっているし、(見たことありませんが)
自分も物理を勉強してきたため、
物理学者が出てくる小説として興味を持って買いました。

内容は、まぁまぁ面白かったです。

基本、トリックは何かしらの馴染みのある化学現象となっており、
短編でまとめられています。

どんな化学現象がトリックなのか、
読みながら考えられるのが面白いです。

例えば、
海水から飛び出した黄色い火柱による殺人など、
事件が起こった瞬間にトリックが分かるものがありましたが、
これを物語として展開することが
作者のすごいところだと思いました。

ちなみに、ドラマと小説を見たことがある人の話では、
ドラマより小説のほうが面白いらしいです。


以上です。

次に読みたい小説は、「狼と香辛料」です。
ホロがイイねっ!

姉ちゃんの詩集 

先日たまたま車の中で聞いてたラジオで紹介され、その存在を知りました。


姉ちゃんの詩集


最近、書籍化されましたが、もともとは2ちゃんねるの掲示板でした。
「電車男」みたいですね。

姉ちゃんの詩集はどんなものかというと、
弟が姉(高2)の詩集を発見し、それを“無断で”掲示板に晒したものです。

最初に弟がスレッドを立ち上げた昨年10月27日から
その内容が、あまりにも面白いため、次第にネット上で話題になり、
12月29日の終了までの約2ヶ月で、
60スレッド(書き込み件数=60000)越えの大事件にまで発展しました。

詩の内容は、
心温まるもの、思わず笑みがこぼれるもの、シュールなもの・・・
とにかく読んでみると分かりますが、言葉に出来ない良さがあります。。。

読みたい方は、以下のまとめサイトを見てみてください。

姉ちゃんの詩集Wiki!

こういうのって、いいですね。。。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。